DLO-02 カレとの約束2 ダウンロード販売

Moko's # Works & Miku

Team Moko App.でボカロ(初音ミク)の楽曲制作、スマホゲーム制作、ノベル制作などのオリジナルの創作活動をしています。
Powered By 画RSS


Moko's # Works & Miku > 映画/小説

またまたファミ通文庫です。


一冊完結系の叙情系を好んで買ってます。


ファミ通文庫のこの系が自分的には凄く好みで。


そしてどうやら、最近この叙情系は、企画化してる模様。
ファミ通文庫ネクスト。だそうな。
http://fbonline.jp/fbnext/index.html



さて、ということで、『二周目の僕は君と恋をする』

nidomekoi.jpg



挿絵は、『近すぎる彼らの、十七歳の遠い関係』のキナ氏。

こちらも名作だった…



さて、タイトルからもうタイムリープものって感じw


まぁ、それはそれ。


なかなか楽しかったです。


中盤はちょっと退屈だったけど(日常ベースなので)、終盤にかけての展開は楽しかった!


それと思うに、きっと一般向けだったら昨今の流行りの流れから、終章は無いだろうなと思ったw
どうせお涙で終わりなんでしょうw


でも、この終章がある「Trueエンド」こそ、ラノベであり、カタルシスなんですよ。


いろいろ都合のいい部分は確かにある。けど、それを持っても「良かった!」と思える作品がそもそも少ない!


こちらはそれを踏まえても「良かった!」です。


ファミ通文庫ネクスト、楽しいねw


来月のも買ってみようかな…









にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ      blogramのブログランキング     FC2Blog Ranking
映画/小説 | TB(0) | CM(0)

この前買って面白かった『僕の珈琲店には小さな魔法使いが居候している』


この作者さんの文体が結構好みで、他の作品も読んでみようと思って買ったのがこちら。


『魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?』

maouyome_hjdc1s.jpg


HJ文庫初です。


さて、この前読んだ『僕の珈琲店には小さな魔法使いが居候している』とは異なり、一見すると萌えテンプレ盛りだくさんかなーと思いきや、ありがちな ”長文タイトルラノベ” っぽい内容じゃなく、楽しかったです。



魔王の優しいツンデレ具合と、虐げられた過去を持つヒロインの可愛さ。


不器用な二人のイチャラブが楽しいw



それに萌えテンプレとは一味違い、ファンタジーの世界観がしっかりと練ってあって、それに登場人物のキャラクター性も調和されていて、ありがちな違和感も無く楽しかったです。



2巻になるとキャラも増えて、ハーレム主人公っぽくなるんだけど、主人公はエルフに一途であり、そしてファンタジーの世界観がしっかり構築されていて、他のキャラクターの役割も明確になっているので、ありがちなハーレムじゃないのも良いですね。



秋には3巻も出るみたいなので、続刊が楽しみ。







にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ      blogramのブログランキング     FC2Blog Ranking
映画/小説 | TB(0) | CM(0)

なんか、やっぱりファミ通文庫って、本当、自分に相性が良い…!!

特に叙情的な小説ね。


ということで、タイトル買いで大成功です。

『僕の珈琲店には小さな魔法使いが居候している』

mahoutukasi_kissaten.jpg


魔法使いと言っても、バトル系とかじゃなく萌えテンプレ系でもなく。どちらかと言うと厳かな、精霊的な伝承系のやつです。

最後まで読むと、心温まる優しいお話、というのが分かるでしょう。


なので、一般に近いです。

(※最近の一般は、「大衆テンプレ向け」で劣化してるけど…なので一般よりも楽しいです)



そして、なんというか、上手いです。


最後の章での、、風呂敷が一気に畳まれる感は、もう、ね…


久々に良い話を読みました…面白かったです。







にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ      blogramのブログランキング     FC2Blog Ranking
映画/小説 | TB(0) | CM(0)

※ネタバレ注意



何となく買った『終わる世界の片隅で、また君に恋をする』


読了しました。


うん。何といったら良いか…


内容よりも、時系列ギミックが複雑すぎて、違和感しかなかったかな…



owarusekaino_dengeki.jpg





それぞれの章は何時の話なのか?

これが複雑なんだよね。

まとめてみると、、

・1章
 季節は夏
 1年生の子が忘れられた→2章の後である証左
 高千穂の席が片付けられた→4章の後である証左

・2章
 季節は梅雨前とあるので5月~6月くらい

・3章
 季節は豚シャブの描写から夏
 高千穂の苗字と1章のデートの記録→1章の後である証左
 よって、先輩との会話はこの親友の依頼での回想シーンである

・4章
 デートは6月下旬
 墓石を見に行くのは7月に入ったばかり
 旅行は7月頭
 「忘れられる」セリフの続きの描写→2章の後である証左
 モノローグは一番最新の時間





なので、時系列的には

2章 → 4章 → 1章 → 3章 → ※4章モノローグ




なのかなと思う。



ここで分かり辛いのが1章の構成。
1章の先輩との会話は回想シーンです。




1章と4章で先輩と話してる「クラスメイトのデート」の人と、1章の「ピアノの人」は同一人物ではないです。

何故なら、ピアノの人は「隣のクラス」と描写し、先輩とのシーンでは「同じクラス」と描写してる。

なので、先輩と話してる「クラスメイトのデート」の人はもっと過去の人で、これは回想シーンですね…





わ、分かり辛っっ!




人物で言うと、時系列で、

クラスメイトの子(デート) → ソフトボールの子(家族)→ 3章の相手の子(思い出さないようにして欲しい)→ 先輩 → ピアノの子(デート)→ 3章の子(星の王子様)




こんな感じ…



分かり辛過ぎて、違和感しかなかったぞ…


それが分かったからと言って、『!』とはならず、『あー、そうなんだ』くらいかな…
だって、物語の核心と別に関係ないし。。


ストーリーの内容としては、まぁ、うん。普通……かな。可もなく不可もなく……
時系列の違和感が酷くて、内容はあまり…






それよりも私服のセンスが気になって…


白いワンピースに麦わら帽子で遊園地っていうのは、無いな…

あと7月の海にニットとカーディガンってのも無いっすね…




白のワンピースに麦わらって、実際いたら引くよね…









にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ      blogramのブログランキング     FC2Blog Ranking
映画/小説 | TB(0) | CM(0)

bemaniシリーズをプレイしてると知っている『ひなビタ』。


簡単に言うと、コナミの音ゲーで展開してるメディアミックス。


今でいうとラブライブ的なものかね。でも2.5次元は出てこないし、あくまで2次元がベース。
ゲームが主体で、そしてバンドです。



ストーリーはFacebookで展開してるんだけど、それをまとめた小説が発売されてて、1巻は普通にゲットしたんだけども、2巻は何故か存在を消されてて、どこでも買えなかったww


新品はもちろん、中古も無く。そして公式ページでは2巻の存在すら書いていないww


どういうことなのか分からないけど…何が起きたの…?


まぁ諦めて放置してたんだけど、何気にネットで中古ショップを眺めたら、在庫があるじゃないですか!


ということで、買いました。


hinabita_shosetsu_vol2.jpg


1巻は音楽CD付いてたけど、こちらにも付いてます。


ドラマCDなのかな? 誕生日と温泉のエピソードが収録されてるとのこと。



さて、積み本を消化しつつ、順番にこれも読んで行こう。










にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ      blogramのブログランキング     FC2Blog Ranking
映画/小説 | TB(0) | CM(0)

※少しネタバレ注意



一般向けだけど、タイトルに惹かれて購入。



『嘘が見える僕は、素直な君に恋をした』



futaba_usokoi_.jpg




んで、読んでみて、、、あぁ、またこの手のやつか、、一般向けテンプレだなーと思うのと、あ、MW文庫っぽいと思ったら、やはり電撃からMWの人でした。


なのでMW文庫自体、自分に合わないので、率直に好みじゃなかったです。




よくある昔のエロゲーの1つのルートのお話、みたいな感じ。。

そして、俺が読みたいのは「TRUEエンド」なのに、何故か「通常エンド」~「BADエンド」、的な。




何故、一般向けはTrueエンドが無いのか…


この前読んだのもそうだったし、、


別に救うのがTrueエンドじゃなくても良いけど、、大団円が欲しいよね。

エロゲーにもラノベにも、報われない悲劇的な主人公やヒロインが多数いるけど、「悲劇的だけど、でも良い終わり方だったな!」って思える終わり方はいくらでも存在するのに。



そして、むしろ、ここからTrueエンドに向かわせるのが、腕の見せ所じゃないのか。


それを安直にテンプレ的に、ああさせるのは頂けない。例え伏線が散りばめられてても(それも分かり易い…)、と思うわけです。辛辣になり申し訳ないんだけども。




っていうか、あれなのかな。

ラノベは異世界転生だらけになってるけど、一般向けは、ヒロイン救われない系が流行ってるのかな…?


でもそれがどうして、「よくある昔のエロゲーの1つのルート(※但し通常エンドかBADエンド)」になるのか…









にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ      blogramのブログランキング     FC2Blog Ranking
映画/小説 | TB(0) | CM(0)

異世界日常ものかな。『放課後は、異世界喫茶でコーヒーを』


なかなか面白そうだったので、買って読んでみました。


isekaicafee.jpg


最初はグルメ系かな(異世界食堂など)と思ったんだけど、そうじゃなく。


まぁ、多少はあるけど、それがメインじゃない。


異世界に来た詳細は不明なまま、喫茶店を経営しつつ、でも、自分の境遇に葛藤しながら成長する。


王道なテーマがベースにあるので、読んでいて非常に面白かったです。


テンプレ的な要素は多々あるものの、不快ではなく、程よい感じの仕上げ。


まぁ、それも含めて王道なのでしょう。


続刊は読みたいけど……良い感じで終わってるし、無いでしょうね。


ネット側の更新もすごく遅いと後書きでも仰ってたし。









にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ      blogramのブログランキング     FC2Blog Ranking
映画/小説 | TB(0) | CM(0)

懐かしさに誘われ……


叙情系ノベルを読み漁ってたので、読みたくなって買いましたよ。『卵王子カイルロッド』シリーズ。全巻w


初めて読んだのはいつだったかな。。中学生……いや、高校生か。


saeki_kairuroddo_sev.jpg


ちなみに、フォーチュンクエストは未だに買い続けてますww


そんなわけで、冴木忍さんの最高とも呼ばれているシリーズ。全9巻。


かなり良い状態のをゲット!


Amazonではセット売り無かったので、駿河屋で買ったんだけど、いやぁ、良かったです。


帯付きのもあったし!



当時はかなり衝撃的(素晴らしすぎて)だったなぁ…


今読んだらどう感じるのか…


大人になってグーニーズを見てはダメ、と聞いたことあるけど、そんな状態にはならないよな…


さて、のんびり読んで行こう。









にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ      blogramのブログランキング     FC2Blog Ranking
映画/小説 | TB(0) | CM(0)

講談社ラノベから出た『ありえない青と、終わらない春』


イラストが素敵なのと、タイムリープが云々な青春小説ってことで、買ってみました。





なかなか面白かったです。


が、対象年齢は低め。


まぁ、ラノベだからねw


って、個人的にはそのラノベ層よりも低く感じたかな。


小学生高学年~中学生、くらい。


講談社ラノベというより、(少し背伸びした)青い鳥文庫的なのを感じる

(そっち向けで推して行った方が良いような気もしてる)



設定感やキャラ付に低年齢層を思い浮かべた感じ。


内容も少女漫画風で、「りぼん」か「ちゃお」に近いかな。




大人向けにあるような展開を想像してたら、全然違ったので…




to be continued で終わってますが、これ以上は続かないでしょう。


これで終わりのはず。(続けられるような設定や終わり方ではない)




個人的な解釈として、タイムリープ云々は、作者は狂言として扱ってるかなぁと思う。


ヒロインの設定感による鼓舞、みたいなね。


カラオケに「前前前世」が出てきたのも、それを示唆してるのかなとか思ったり。(それで思いついた的な)


まぁ、自分の感覚だけどw









にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ      blogramのブログランキング     FC2Blog Ranking
映画/小説 | TB(0) | CM(0)

MW文庫の『八月の終わりは、きっと世界の終わりに似ている。 』


評価が高かったのので、買って読んでみました。


hcowasekioraniter.jpg


面白かったです。


面白かったですが、、


傑作になり損ねた良作、というか、そんな感じに思えてしまって…



個人的に、MW文庫は合わないのかなぁって思ってしまう。


以前もMW文庫の読んだんだけど、そちらも何か、腑に落ちない感じで。




いや、面白いんですよ。普通に。



だけど、期待した展開じゃなかったというか、そっちのルートじゃない、というか。



まぁ、簡単に言うと「TRUEエンド見たかった」という話。



どうやって、あそこから「TRUE」にするのか、個人的には全然思いつかないので、尚更、見たかったね。



なので、力量が問われるTRUEが在れば、それは傑作になってたなぁと思ったわけです。



うーん、、、何をカタルシスにしたかったんだろう?と素朴な疑問。



だって、この展開なら、別に…SF要素要らないし…活かしきれてないし。










にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ      blogramのブログランキング     FC2Blog Ranking
映画/小説 | TB(0) | CM(0)
ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログ ボーカロイドへ



blogramのブログランキング



FC2Blog Ranking


同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

ツンデレ妹とラッキースケベ!

プロフィール

モコミク(moko#miku)

Author: モコミク(moko#miku)

本職はITエンジニア@仙台。

Team Moko App.でボカロ(初音ミク)の楽曲制作、スマホゲーム制作、ノベル制作などのオリジナルの創作活動をしています。

オフィシャルページはこちら
http://teammoko.com/

他にはゲーム/アニメ/マンガなどサブカルの話題が中心です。




人気記事
ブログパーツ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
welcome
recommend