[電撃] 素晴らしい傑作!『読者と主人公と二人のこれから』

モコ#ミク

最近、ラノベと一般の境界が曖昧な気がして仕方がない。

今回、何となく書店で買った電撃文庫最新刊の『読者と主人公と二人のこれから』


bokukanokorekara1_sc1.jpg




手に取った理由は、最近欲している「愚直で真っ直ぐな青春小説」っぽく感じたから。



以前読んだ『近すぎる彼らの、十七歳の遠い関係』っぽいのをもっと読みたいと思ってて。







いやぁ、個人的に大好きでした。こんな真っ直ぐな作品。

所々、分からないところ。ご都合っぽく見えるところはあるかも知れない。


でも情景描写が素晴らしく、そして余計な描写、キャラ、設定などが存在しない。
あくまで主人公とヒロインを主軸とした物語。


まるでお伽噺のような始まり。そして流れ。
そこから加速する展開、そして結末へ。


カタルシス出っ放しでした…




やはり、こういう青春小説って良いね。また読みたい。


『近すぎる彼らの、十七歳の遠い関係』もそうだったけど、うーん、ラノベじゃない気がするなぁ。
一般に近いんじゃない感。






関連記事
Posted byモコ#ミク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply