[講談社ラノベ] 『ありえない青と、終わらない春』感想

モコ#ミク

講談社ラノベから出た『ありえない青と、終わらない春』


イラストが素敵なのと、タイムリープが云々な青春小説ってことで、買ってみました。





なかなか面白かったです。


が、対象年齢は低め。


まぁ、ラノベだからねw


って、個人的にはそのラノベ層よりも低く感じたかな。


小学生高学年~中学生、くらい。


講談社ラノベというより、(少し背伸びした)青い鳥文庫的なのを感じる

(そっち向けで推して行った方が良いような気もしてる)



設定感やキャラ付に低年齢層を思い浮かべた感じ。


内容も少女漫画風で、「りぼん」か「ちゃお」に近いかな。




大人向けにあるような展開を想像してたら、全然違ったので…




to be continued で終わってますが、これ以上は続かないでしょう。


これで終わりのはず。(続けられるような設定や終わり方ではない)




個人的な解釈として、タイムリープ云々は、作者は狂言として扱ってるかなぁと思う。


ヒロインの設定感による鼓舞、みたいなね。


カラオケに「前前前世」が出てきたのも、それを示唆してるのかなとか思ったり。(それで思いついた的な)


まぁ、自分の感覚だけどw






関連記事
Posted byモコ#ミク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply