[HJ] 『魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?』感想 ~ 練った世界観が楽しい!

モコ#ミク

この前買って面白かった『僕の珈琲店には小さな魔法使いが居候している』


この作者さんの文体が結構好みで、他の作品も読んでみようと思って買ったのがこちら。


『魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?』

maouyome_hjdc1s.jpg


HJ文庫初です。


さて、この前読んだ『僕の珈琲店には小さな魔法使いが居候している』とは異なり、一見すると萌えテンプレ盛りだくさんかなーと思いきや、ありがちな ”長文タイトルラノベ” っぽい内容じゃなく、楽しかったです。



魔王の優しいツンデレ具合と、虐げられた過去を持つヒロインの可愛さ。


不器用な二人のイチャラブが楽しいw



それに萌えテンプレとは一味違い、ファンタジーの世界観がしっかりと練ってあって、それに登場人物のキャラクター性も調和されていて、ありがちな違和感も無く楽しかったです。



2巻になるとキャラも増えて、ハーレム主人公っぽくなるんだけど、主人公はエルフに一途であり、そしてファンタジーの世界観がしっかり構築されていて、他のキャラクターの役割も明確になっているので、ありがちなハーレムじゃないのも良いですね。



秋には3巻も出るみたいなので、続刊が楽しみ。




関連記事
Posted byモコ#ミク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply