[ファミ通] 『二周目の僕は君と恋をする』感想 ~ きっと一般なら違う結末だろうけど、これが良いんだよ!

モコ#ミク

またまたファミ通文庫です。


一冊完結系の叙情系を好んで買ってます。


ファミ通文庫のこの系が自分的には凄く好みで。


そしてどうやら、最近この叙情系は、企画化してる模様。
ファミ通文庫ネクスト。だそうな。
http://fbonline.jp/fbnext/index.html



さて、ということで、『二周目の僕は君と恋をする』

nidomekoi.jpg



挿絵は、『近すぎる彼らの、十七歳の遠い関係』のキナ氏。

こちらも名作だった…



さて、タイトルからもうタイムリープものって感じw


まぁ、それはそれ。


なかなか楽しかったです。


中盤はちょっと退屈だったけど(日常ベースなので)、終盤にかけての展開は楽しかった!


それと思うに、きっと一般向けだったら昨今の流行りの流れから、終章は無いだろうなと思ったw
どうせお涙で終わりなんでしょうw


でも、この終章がある「Trueエンド」こそ、ラノベであり、カタルシスなんですよ。


いろいろ都合のいい部分は確かにある。けど、それを持っても「良かった!」と思える作品がそもそも少ない!


こちらはそれを踏まえても「良かった!」です。


ファミ通文庫ネクスト、楽しいねw


来月のも買ってみようかな…






関連記事
Posted byモコ#ミク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply