[スニーカー] 個人的にノベル最高傑作の一つ 冴木忍 著『風の歌 星の道』

モコ#ミク

懐かしく読んだ、傑作の『卵王子シリーズ


20年ぶりくらいに読んだけど、やはり傑作でした。


そこで、同じ冴木忍氏の『風の歌 星の道』


kazehoshi_seki.jpg



こちらは個人的に今まで読んだ小説で、最高傑作の一つだと思っていて。


懐かしくて、本編の前後編。そして外伝。そして続編(新・風の歌 星の道)の5冊、計8冊一気に読んでしまった。。
(続編5冊だけ失われてたので中古で再購入)




・・・いやぁ、、やっぱり最高傑作でした。。




冴木忍の全てが、この前後編2冊に詰まっていると思う。


外伝と、続編(新・風の歌 星の道)の5冊もまあ面白い。けど、、パート1の前後編が最高過ぎる。



80年~90年の最高のファンタジーですね。



当時のライトノベルという「ライト」は、海外のファンタジーと比べて「ライト」と言ってるわけで、「一般文芸」と比べて「ライト」じゃないんだよね。


だって、一般でファンタジーものって皆無だったわけで。


なので、この年になって読んでも、非常に面白く楽しく感じてます。



この手の小説、また読みたいけど、もう無いんだよね…



だから海外SF読んだりしてたけど。。


冴木さん、また書いてくれないかな…


期待したミューノベルも終わっちゃったみたいだし…やっぱり難しいのかな




関連記事
Posted byモコ#ミク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply