[ファミ通] 『詩葉さんは別ノ詩を詠みはじめる』感想

モコ#ミク

ファミ通文庫ネクストの新作『詩葉さんは別ノ詩を詠みはじめる』


感想、、と言いつつ。
すみません。1章で挫折しました…orz



famitsu_utahayomi.jpg



亀裂の入った幼なじみの関係とか、その背景とか、「あの花」っぽいなぁ、とか思いつつ読んでたけど、何というか、テンポが悪く、読み辛く…


あと、これはラノベじゃなくて一般文芸だね。。悪い意味でテンポ感が…



キャラクターが、生き生きしてないというか、セリフも不自然な言い回しで、劇中劇な雰囲気で。


うーん。作中に「遊び」が無いのと、心理描写が少ないから、余計に。



セリフとか文体のほとんどが情景描写や背景説明なので、そこに心理的なセリフや遊び、仕草が無いので、なんか本当に劇を見てるというかね。

上っ面な部分しか伝わらず、各キャラが機械的すぎて…そんな不自然さ。








文体とか背景とかは丁寧なので、面白い人には面白いんだろうけど、自分には合わなかったです。


ファミ通文庫ネクスト、もう一冊買ってあるから読もうと思うけど、さすがにちょっと飽きて来たかな。。


まぁ雰囲気が似通っちゃってるからね。


そろそろもう良いかなとも思ってる…





関連記事
Posted byモコ#ミク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply