[猫島] 猫だらけ!宮城県『田代島』を散策してきました!

モコ#ミク

近年、猫の島として有名になった『田代島』


宮城県石巻市にあります。


石巻市からフェリーで40分~45分くらい。


かの有名な金華山の逆側にある島です。


なので、石巻からじゃなくても、牡鹿半島にある金華山行きのあるフェリー場(鮎川)からも行けます。もちろん行先方面は異なりますが。


tasirojimanobasho_map.jpg



正直、以前は田代島よりも網地島の方が有名・人気でした。


牡鹿半島近辺は、とにかく海が綺麗。底の方まで見えて浜も美しいので、網地島の海水浴場はリッチな人気。



それが、いまや田代島が大人気! はい。。


昔から猫はいっぱいいたけど、最近はメディアでも取り上げられ、加えて整備もされたので、観光客が押し寄せてますね!


フェリーは連休時などは臨時便も出ますが、普通は2~3本程度なので、行く前に調べるのがお勧め。



『網地島ライン』
http://ajishimaline.com/




とはいえ、石巻9時発で行く・田代島(仁斗田)14時発、で戻ってくる。というプランが多いかな。


フェリー乗り場の『網地島ライン』は、震災の影響もあって、あの辺りの道は造成工事がずっと続いてます。


なので、車のナビはあまり信じないようにw


なお電車の場合、仙石線だと、始発付近じゃないと9時発には間に合わないかもしれないので、そこも注意で。よく調べた方が良い感じ。フェリー乗り場は石巻駅からも距離あるからね。



あと、フェリー乗り場には、8時くらいには着いた方が無難。(9時出発の場合)


駐車場も混んだりする場合もあるし、切符買ったり乗船準備したりなので、余裕あった方が良いです。


加えて、フェリー乗り場にも猫もいるので、愛でたい時間もあるしねww





さて、そんな感じで、田代島へ出発!!(=゚ω゚)ノ




到着して早々、おかしな看板ww

nekojima_01.jpg



多いと言う、左方面へww


公園や、道端で休む猫、そして通りすがる猫と遭遇し\(^o^)/、どんどん進む。。

nekojima_15.jpg




そして、それなりの急勾配を進み、山の上の方へ。『マンガアイランド』と呼ばれる場所へ。


nekojima_03.jpg

nekojima_02.jpg

nekojima_04.jpg


猫との遭遇を楽しむ!!o(^▽^)o




田代島で、猫を巡る旅と言うのは、


何と言うか、この島は動物園やテーマパークじゃないので、その場所に必然的に猫がいるわけじゃないです。


それに日によって会う回数も異なるだろうし、出てきてくれないこともあるだろうし。



でも、ここはそう言うんじゃなくて、


普通に、街中でも猫と遭遇するときに感じる、「あ、猫だ!」と喜ぶ気持ち。


これが延々と続く散策。


そういう感じなのです! 猫との遭遇が面白いと感じる島なのです!!






突如現れた黒猫!!!(°_°)

nekojima_16.jpg

nekojima_17.jpg



家の後ろを除くと、猫たちのお茶会がww

nekojima_05.jpg






そして、昔は無かった休憩所「島のえき


nekojima_08.jpg

nekojima_06.jpg

nekojima_07.jpg



小学校の跡地の傍に建てられたもの。


跡地も、昔は体育館あったと思ったんだけど、無くなっちゃってたなぁ…



さて「島のえき」ですが、軽食やお土産もあるので、おすすめです。


自分で持ってきたお弁当で休憩するのも有りですよ。(というか、以前は持参が普通だったので)



他にも、民家の中にもお土産を売ってる場所あるので、是非散策してみてください。


フェリー乗り場とかに「田代島散策マップ」があるので、是非それを持って散策してくださいな。




そして、「猫神社」へ向かいます。

nekojima_09.jpg

nekojima_10.jpg

nekojima_11.jpg

nekojima_12.jpg

nekojima_13.jpg

nekojima_14.jpg


猫神社を経由し、ぐるっと回って湾へ戻りました。


この時点で12時過ぎくらい。


湾にある公園で小休憩し、更に散策して、丁度良く14時に。




非常に楽しい時間でした。


中には餌をあげる観光客がいますが、止めましょうね。看板にも書かれてます。


是非、『自然で猫との遭遇』、を『絶え間なく』味わってください。


この島の素晴らしさはそんな所です\(^o^)/



なお、県外からお越しなら、是非、網地島~金華山へも!w



関連記事
Posted byモコ#ミク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply